水性用スチールペーパー(NIJ-PIR) 610mm×15m

参考上代: ¥19,360(税込)
価格: ¥10,850 (税込 ¥11,935)
メーカー: ニチエ株式会社
型番: NIJ-PIR
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter



水性染料・水性顔料インクに対応した、水性インクジェットプリンター用のロール紙です。
EPSON(エプソン)、Canon(キャノン)、hp(ヒューレット・パッカード)社等の水性インクジェットプリンターに対応しています。
厚み390μです。
コート紙とスチールを貼り合わせた水性インクジェット対応のスチールペーパーです。
スチール入りなのでマグネットの磁石に貼り付けることが可能です。
裏面に白色のコーティングを施しており、搬送性に優れます。

↑ こちらが裏面です。


乾燥性、発色性に優れ各種プリンターへの適応が可能です。


※こちらのロール紙の紙管は3インチになります。
※無料サンプルご用意できます。お気軽にお申し付けください。


【製品特徴】
・コート紙とスチールを貼り合わせた水性インクジェット対応のスチールペーパーです。
・スチール入りなのでマグネットの磁石に貼り付けることが可能。
・裏面に白色のコーティングを施しており、搬送性に優れます。
・乾燥性、発色性に優れ各種プリンターへの適応が可能です。


【製品仕様】
紙管:3インチ
基材:コート紙+スチール(背面ホワイトコーティング)
厚み:390μ(受理層含む)
質量:500g/平米(受理層含む)
耐候性:屋内用





水性インクジェットメディアについて

水性インクジェットとは、年賀状印刷や、デジタルカメラで撮影した写真をプリントアウトする用途など家庭やオフィスで使用したり、店内や短期のイベントなどでポスターで使用したりとインクジェットでは最もポピュラーなタイプのインクジェットです。出力表現が滑らかで美しい反面、インクの媒体が水のため屋外や長期の使用に不向きです。
また、インクの溶媒が水になりますので、印刷するためには水を吸収することができるインク受容層のあるメディア(用紙)が必要になります。ハイクオリティーな画像性を求められる屋内サイン、展示会ポスター、POP、タペストリー、短期屋外サイン等に適しています。メディアはロール紙と呼ばれることもあり、その名の通り紙系のメディアを中心に艶のないタイプのコート紙、光沢のある紙、印画紙ベースの写真用紙、また、紙よりも耐久性や耐水性を増した合成紙(紙といいう呼ばれ方をしていますが、正確にはポリプロピレン等の素材を薄くのばしたフィルムです)などさまざまな種類があります。
学会ポスターなどに使われる布(クロス)や不織布、電飾看板に使われるバックライトフィルムなど、紙以外にもさまざまなインクジェットメディアがあります。

※写真は、いわゆる水性プリンターと呼ばれるインクジェットプリンターです。

商品詳細情報

水性用スチールペーパー(NIJ-PIR)

コート紙とスチールを貼り合わせた水性インクジェット対応のスチールペーパーです。
スチール入りなのでマグネットの磁石に貼り付けることが可能です。
裏面に白色のコーティングを施しており、搬送性に優れます。
乾燥性、発色性に優れ各種プリンターへの適応が可能です。

スチールペーパーの役割
マグネットが吸着しない場所にもマグネットを使用することが可能となります。
無料サンプル発送可能です。印刷や発色の具合、使い勝手を是非お試しください。





マメ知識

【ポスターサイズの表記とサイズ】
A判 B判
表 記 サイズ(単位:mm) 表 記 サイズ(単位:mm)
A0 841×1,189 B0 1,030×1,456
A1 594×841 B1 728×1,030
A2 420×594 B2 515×728
A3 297×420 B3 364×515
A4 210×297 B4 257×364
A5 148×210 B5 182×257
A6 105×148 B6 128×182
A7 74×105 B7 91×128
A8 52×74 B8 61×91

水性染料インクと水性顔料インクの違い

水性
染料インク
溶媒である水分と染料は紙繊維に同時に浸透していきます。水性染料インクのメリットとしては、プリントヘッドの目詰まりをあまり起こさない、インクコストが安いなどです。デメリットとしては画像濃度が低い、にじみやすい、耐水性・耐光性が悪いなどです。しかし,インクジェット用写真用紙(印画紙ベースのレジンコート紙)を使った場合はこのデメリットは解決されます。
水性
顔料インク
溶媒である水分は紙に浸透しますがインクの顔料粒子のほとんどは紙に浸透せず用紙表面に残って固体化します。水性顔料インクのメリットとしては、画像濃度が高い、にじみにくい、耐水性、耐光性が水性染料インクに比べて良いことなどである。デメリットとしては、プリンタヘッドが目詰まりしやすい、インクコストが高い、耐擦性が悪いことなどが挙げられます。水性インクでは顔料インクの使用のほうが主流です。

ご使用上の注意

  • ・メディアの表面には、直接触れないようにご注意ください。汚れや油脂、水分などが付着するとインク定着不良
     の原因になり、印字品質に悪影響を及ぼすおそれがあります。
  • ・印刷環境(プリンター、インク、出力条件)の違いによって印刷結果が異なります。あらかじめテスト印刷を
    行って発色や乾燥性をご確認頂いたうえでご使用ください。
  • ・メディアは立てて保管するか、横にする場合は表面が直接床などに触れないようにご注意ください。
    また、直射日光は避け、常温で保管のうえ、開封後はできるだけお早めにご使用ください。
  • ・ご使用後は、必ず紙管に巻いた状態でPE袋に入れた状態で保管してください。
  • ・プリンタにセットしたままの状態で保管しますと、メディアのカールやホコリの付着によりプリンタの故障の
    原因になりますのでご注意ください。
  • ・万一、材料に起因する明らかな不具合が生じた場合は、然るべき対応をとらせて頂きますが、出力製品に関わる
    費用や施工加工費におきましてはあらゆる責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。




製品仕様書に関して

下記よりダウンロードが可能です。

水性用スチールペーパー(NIJ-PIR)
PDF
PDFダウンロードはこちら

PDFファイルを見るのはAdobe Reader(無料)が必要です。



商品説明

水性染料・水性顔料インクに対応した、水性インクジェットプリンター用のロール紙です。 EPSON(エプソン)、Canon(キャノン)、hp(ヒューレット・パッカード)社等の水性インクジェットプリンターに対応しています。 厚み390μです。 コート紙とスチールを貼り合わせた水性インクジェット対応のスチールペーパーです。 スチール入りなのでマグネットの磁石に貼り付けることが可能です。 裏面に白色のコーティングを施しており、搬送性に優れます。 乾燥性、発色性に優れ各種プリンターへの適応が可能です。 ※こちらのロール紙の紙管は3インチになります。 ※無料サンプルご用意できます。お気軽にお申し付けください。 【製品特徴】 ・コート紙とスチールを貼り合わせた水性インクジェット対応のスチールペーパーです。 ・スチール入りなのでマグネットの磁石に貼り付けることが可能。 ・裏面に白色のコーティングを施しており、搬送性に優れます。 ・乾燥性、発色性に優れ各種プリンターへの適応が可能です。 【製品仕様】 紙管:3インチ 基材:コート紙+スチール(背面ホワイトコーティング) 厚み:390μ(受理層含む) 質量:500g/平米(受理層含む) 耐候性:屋内用

商品仕様

製品名: 水性用スチールペーパー(NIJ-PIR) 610mm×15m
型番: NIJ-PIR
メーカー: ニチエ株式会社

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問合対応
平日(月〜金)9:00〜18:00
※店休日にお受けしたお問い合わせは、翌営業日以降にご回答致します。

店長日記

こんにちは!インクジェットメディアと看板資材の通販サイト
【メディねっと】の平原と申します。当ショップの強みは、大手メーカー様と共同開発をしたオリジナル商品他、良い商品をお安くご提供していることです。また、価格以外にも商品の使い方、施工の際に必要な情報も当ショップで入手することができ、材料のコスト削減以外にも当ショップがお客様のお役に立てること請け合いです!
また、ノークレームノーリターンにはなりますが、各メーカー様による処分品、訳アリ商品を定期的に掲載をしておりますので、こちらもご活用頂ければと思います。ご不明な点がございましたら、お電話やメールでお問い合わせ頂ければ親切に対応させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。
店長日記はこちら >>